カーリングの試合を見て思ったこと

今年の冬季オリンピックの間、事情があって仕事を休んでいて、実家でずっとテレビを見ていました。
フィギュアスケートとかスノーボードとか華のあるスポーツは見ていて楽しいんですが、正直面白さがさっぱりわからないスポーツもありました。
選手のみなさんごめんなさい、カーリングです。

まあ、なじみのないスポーツだからかもしれませんが、まずルールがよくわからないし、歓声が上がっても何がどうなっているのか全然把握できませんでした。
ルールがわかれば多少は楽しめるのかもしれません。

テレビで見た感じでは、激しく体を動かすわけではないようで、どちらかというと頭脳戦のスポーツのように見受けられました。
冷静に、静かに闘うスポーツって、あんまりないですよね。
その違和感から、いまいち受け入れられない気がしています。

でも、オリンピック競技となっているからには、世界的に人気のあるスポーツなんでしょうね。
日本ではまだまだ人気のあるスポーツとは言えないと思いますが、もしかしたら今後認知度が上がって、国民的スポーツと呼べる日が来るかもしれません。
私自身も、今回のオリンピックをきっかけにカーリングというスポーツを知りました。
聞いたことはあるような気がしますが、実際に試合を見たのは初めてだったので。
私のような人、日本中にたくさんいると思います。

日本は残念ながらメダルをとることはできなかったと記憶しています。
スノーボードとかもそうだと思いますが、かつてオリンピック競技として認知されていなかったスポーツが人気スポーツになったケースはたくさんあります。
カーリングの認知度が今よりも上がって国民的スポーツになる時がきたら、是非日本がメダル圏内に入るところを見たいですね。

»